開発エンジニア

アイコールに入社を決めた理由

アイコールともう一社別の企業とで同時に内定が出ていました。両社共100%自社開発で、Web系、私服OK、勤務地も都内ということでほぼ同じ条件だったのですが、アイコールの方が人事部の対応や社内の雰囲気が良かったのでアイコールを選択しました。その後10年間、勤続できているので、あの時の選択は誤っていなかったと自負しています。


いま担当している業務

メイン業務はプロジェクトリーダーとしてのメンバーの作業管理です。担当しているプロジェクトは決済システムです。機能開発案件についてメンバーの作業すべてを管理、フォローします。担当メンバーのアサインから、要件詰め打ち合わせの立会、完成した仕様書やスケジュールの確認、ソースやテスト仕様書のチェックなど案件全体にわたっています。その他、社内システムのちょっとした改修や、採用活動(インターン、新卒、出向など)の協力もしています。

アイコールの特徴は何だと思いますか?

何でも提案をしていけることだと思います。新しい事業の提案ももちろんですが、日々の作業ルールなど細かい決まり事について、昔のルールでは今のやり方に合わなくなったり、もっと効率の良いルールがある場合など、一般社員であってもどんどん提案して、良い案は取り入れられる文化があると思います。それは個人の業務成績評価制度である人事考課のルールであっても可能です。会社の根幹の部分であっても、有志で議論して改善提案できることはとても良い特徴だと思います。


今までどのような経験をし、成長することができましたか

情報学科卒ではなく、専門知識のレベルは高くなかったのですが、教育制度や資格取得支援制度、チーム内勉強会などもあり技術力を上げることができました。また、入社一年以内という早い段階から決済処理の開発を任せてもらい、自信をつけることができました。現在はエンジニアからプロジェクトリーダーへと業務範囲を拡げています。それぞれ実業務ベースで挑戦、成長させてもらいましたが、常にフィードバックシートという形で上長から目指すべき人物像が示されていたので、目標に向けて頑張れたのだと思います。今後はプロジェクトだけではなく、部署全体や会社全体をどう成長させるべきかも考えられるようになりたいです。

学生(応募者)の皆さんへのメッセージ

「どのプログラム言語を学習しておけば良いですか?」と聞かれる事があるのですが、その時にはいつも「今やっている、もしくは興味のある言語を学習すれば良いと思います」と伝えています。実際に働く時にどの言語を扱うかは、お客様やプロジェクトによって変わるので、その都度学習する必要があります。その時既に、何か一つでも把握できている言語があれば、新しい言語をスムーズに習得できると思います。プログラム言語に限らず、学生の時に何かに打ち込んだ事がある人は強いと思うので、今は好きなことに熱中してみてください。

他の社員