SMSが送れない・届かない8個の原因を解説!

mail

「SMSのメッセージがいきなり送れなくなった」と困った事はありますか?

今までSMSを送れていたにも関わらず、急に送れなくなった方に届かない原因を解説します。

SMS(ショートメッセージサービス)とは?

SMSとはShort Message Serviceの略で、携帯電話同士で電話番号を宛先にしてメッセージをやり取りするサービスです。

電話番号さえあれば、手軽にメッセージを送信する事ができます。
電話やメールをするほどではないけど、ちょっとした内容を送りたいときに重宝します。

SMSの強みとしては以下のようなものがあります。

・開封率の高さ(約90%前後)
・世界共通でスマートフォンに標準搭載
・メールと同様にインストール不要で誰にでもメッセージが届けられる

この中でも注目したいのは開封率の高さです。
Eコマースやマーケティングに関するメールの開封率は良くても20%前後と言われていますが、SMSは90%前後ですので、
圧倒的に開封率が高い事が分かるかと思います。

確実に読んで欲しい内容がある場合は、SMSを送信するのが確実です。

SMSが送れない原因とは?

便利なSMSですが、突然送れなくなるという事もあるようです。
原因は複数考えられますので1個ずつ見ていきましょう。

①最大文字数を超過している場合

SMSには文字数制限があります。
基本的には660文字以内までが1通分としてカウントされる為、
それ以上の文字数でメールを送信しようとすると、エラーメッセージが発生する可能性があります。
※文字数制限はキャリアによって異なります。

メールのように長文を送れるわけではないので注意が必要です。

②送信上限を超過している場合

キャリアによって送信上限が設けられており、200件~500件程度の送信上限が設けられています。
送信上限数に達すると、送信規制が発生します。

そのため、余裕を持った配信計画を行う必要があります。

③電話番号を間違えてしまった場合

基本的な事ですが、電話番号を間違えてしまうと正常に送信する事ができません。
改めて電話番号を確認してみましょう。

④受信拒否設定がされている場合

受信側の原因も考えられます。
仮に何度送っても届かない場合は、下記の原因が考えられます。

・SMS自体を受信拒否
・リンク付きSMSを受信拒否
・海外からのSMSを受信拒否

⑤相手が格安SIMを利用している場合

格安SIMですと、SMSを受信できない場合があります。
一般的にSIMカードとは、スマートフォンやタブレットなどに入っている小さなICカードの事を指しています。
格安SIMは携帯キャリアよりも安くインターネットや音声通話機能等が利用できます。

格安SIMは標準ですとSMSが利用できない事が多々あるので、
相手もしくは自分のSIMカードがSMSに対応しているかどうか調べる必要があります。

契約時にSMSに対応しているかどうか調査する必要があるでしょう。

⑥キャリア側のSMS設定で受信拒否されている場合

携帯キャリアの受信拒否設定によりSMSが送れない・届かない事があります。
設定方法はキャリアごとに異なる為、詳しくは該当キャリアの受信設定を行うページを参考にして、設定を今一度見直してみましょう。

ちなみにiPhoneは電話番号の着信拒否設定を行うとSMSも着信拒否の設定になります。

⑦海外製のSMSを利用している場合

国内キャリア(docomo/au/softbank)に対して海外製のSMSサービスを利用してSMSを送信した場合、
届かない問題が発生します。

海外SMSでは国際網を経由してSMSが送信されます。
海外のSMS流通量は膨大な数です。

量が大量な為、スパム・迷惑メール等も圧倒的に多くなります。
国内キャリアは、海外から送信されてきたSMSをブロックするフィルターが働いており、
SMSの到達率が国内キャリアからSMSを送信する場合と比較して落ちてしまう事があります。

⑧電波状況が悪い

電波が不安定な場合や、接続中の状態が長時間続く場合は、一時的に電波を受信できていない可能性があります。
場所を移動したり、しばらく時間を置いてから再度受信してみてください。

通信障害が発生している場合は、その現象が解消されるまでメールの送受信はできません。

【まとめ】SMSが送れない・届かない原因を解説!気を付けるべき8つ

SMSが送れない・届かない原因を解説しました。
今回紹介した8個は基本的な内容なので、送れないと思った時は確認してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました